バレエ, ピラティス

このごろはプロバレエダンサー&Youtuberであるヤマカイさんのオンラインサロン(ヤマカイバレエカンパニーYBC)で推し活をしております。

サロンメンバーさんと交流する中、ダンスのために機能解剖学を学び始めた方がいらっしゃり、お話させていただいたことがありますのでこちらにも転載いたします。

↓ここから↓

上から目線で恐縮なのですが、機能解剖学を学び始めた○○さん、また他の方へもお伝えしたいなあと思うことがあります。

あらゆる学問に共通して言えることでもありますが、本に文字で書かれてあることは「動かない真実」のように錯覚しがちです。

しかし、特に生体のような流動的なものを対象としている場合には「あらゆる情報は参考」という視点も持っておくことが大事です。
解剖学は絶対的なものではありません。

解剖学: anatomyは西洋の学問です。

「ナントカ筋」と名称を覚えていきますが、それは特定の一地域・一文化の考え方、「ある視点」に過ぎないのです。

東洋医学では「経路」など、また全く異なる名称や部位の単位で身体を捉えていきます。
他にもきっといろいろな文化・考え方があるでしょう。

様々な文化・学問と同様、西洋医療、西洋解剖学は全てを包括しているわけではなく、とある偏った考え方とも言えるのです。

機能解剖を本で学び、骨格・筋肉をひたすらパーツとして捉えていると、実体の生体動作とはズレが生じることも多いです。

ただヤマカイさん(プロバレエダンサー)もおっしゃっていたように「『じゃあ勉強しなくていい』というわけではない」です。

西洋解剖学が良いのは、各部位にひたすら名前をつけているので、それを覚えることでその部位の位置情報を知ることができます。

まずは名前と位置を知ることで各部位を認識し、認識したところで操作するという段階に入れます。

身体操作については東洋医学の「流れ(経路)」という考え方の方が、実体に近いのかもしれません。
(でも私、東洋医学しらんけど。まじうえめせですまん)

西洋解剖学を知っていくと「あー西洋だねー」とよく思います。

学問はその土地の文化の上に形成されていくもので、思想が反映されます。

西洋思想については◯ちゃんの専門になるとおもうのですが、わたしなりの適当ざっくり解釈をお話しします。

ギリシア哲学に「イデア」という考え方があり、英語の”ideal”(理想、極致、至高)などの語源になっている言葉です。

西洋思想って、こういう「絶対的、理想的な究極の何かがどっかにある」という考え方になりがちなんですよね。

一神教もそのような思想から生まれているのだと思いますが、これだけ色んな人間がいるのに、人々の神がたった1つなわけありません。

「絶対的なものはたった1つ」という考え方は、様々なものがぐちゃぐちゃと混在する現実とはどうしても矛盾が生じます。

解剖学も、土着していて無意識レベルでも、そのような思想の土台の上に発展してきた学問です。
考え方が断定的になってしまいがちです。

「各部位に名前をつけることは良いけれど、解剖学的に説明された動きや機能などは、時に実体にそのまんま反映されるものでもない」という留意も大切。

(また西洋医学の手術や薬の処方は素晴らしいものですが、人間は各パーツを組み立てた工業規格製品ではなく、直接的な手段のあまりに人体を壊してしまう場合もあります。
最近は西側でも、機能保存のために整形外科的な手術をできるだけ避けようという考えの先生方も増えているようです。)

なぜこのことをお伝えしたかったのかといいますと、一応少し機能解剖を知っているので私もいろいろコメントしたり発言したりしますが、実は毎回

(でもそれはひとつの側面に過ぎない)
(ある方向から捉えた情報に過ぎない)
(本気でそれが全てだと信じているわけではない)

と補足したいのです。心の声では叫んでいますw
その都度これらを全部言うわけにいかないので、ここに書いておきます。


バレエのためのピラティスを解剖学から教える、完全パーソナルの個人スタジオ 横浜 metamorphoseを主宰しています。


横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

運動の仕組みが分かればできる♪ 変われる! 1対1で座学からきちんと知ることができます。

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

完全個室パーソナル・マシンピラティスが格安!

「バレエのレッスンだけではなかなか上手にならない」等お悩みの方、機能解剖を理解したい方、バレエのために身体について学びたいみなさまを全力でサポートいたします!『極めて匿名的で無個性な、名もない身体。バレエのためのピラティスとは?』

メタモルフォーゼではピラティス専用マシン(リフォーマー、その他完備)を使い、個別カウンセリングによるお一人お一人のおからだに合わせたパーソナルセッションを提供いたします。グループピラティスでは分からなかった疑問の解決にお役立てください。

日常生活からの姿勢改善、パフォーマンスの向上、しなやかで美しいスタイルを目指します。どうぞお気軽にセッションにお越しくださいませ♪

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

 

ピラティス専門のブログ記事が好評をいただいており大変うれしく思います。
このブログでは日常を綴っていますが、こちらでピラティスの技術的なことがらに関する記事を書いています。

ピラティスにご興味のある方はぜひお読みください。

ポールスター・ピラティスは医療の専門家が解剖学に基づいてアレンジしたピラティスです。

バレエ

このごろはプロバレエダンサー&Youtuberであるヤマカイさんのオンラインサロン(ヤマカイバレエカンパニーYBC)で推し活をしております。

ヤマカイバレエカンパニー内で始まった部活動「だるプロ」にて、2020年に流行したNiziUダンス練習の模様↓
乳がん手術から1年経ちましたが、今のところ元気です!

↓こちらの部活動「だるプロ」のPVも作りました♪


バレエのためのピラティスを解剖学から教える、完全パーソナルの個人スタジオ 横浜 metamorphoseを主宰しています。


横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

運動の仕組みが分かればできる♪ 変われる! 1対1で座学からきちんと知ることができます。

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

完全個室パーソナル・マシンピラティスが格安!

「バレエのレッスンだけではなかなか上手にならない」等お悩みの方、機能解剖を理解したい方、バレエのために身体について学びたいみなさまを全力でサポートいたします!『極めて匿名的で無個性な、名もない身体。バレエのためのピラティスとは?』

メタモルフォーゼではピラティス専用マシン(リフォーマー、その他完備)を使い、個別カウンセリングによるお一人お一人のおからだに合わせたパーソナルセッションを提供いたします。グループピラティスでは分からなかった疑問の解決にお役立てください。

日常生活からの姿勢改善、パフォーマンスの向上、しなやかで美しいスタイルを目指します。どうぞお気軽にセッションにお越しくださいませ♪

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

 

ピラティス専門のブログ記事が好評をいただいており大変うれしく思います。
このブログでは日常を綴っていますが、こちらでピラティスの技術的なことがらに関する記事を書いています。

ピラティスにご興味のある方はぜひお読みください。

ポールスター・ピラティスは医療の専門家が解剖学に基づいてアレンジしたピラティスです。

バレエ, ピラティス

今さらなのですが…バレエでよくある「あばらが開く」という話、「胸椎伸展可動性が足りないから、あばらが開いちゃうのでは」とふと考えました。
当たり前のことかもしれませんが💦

なので、ピラティスのスパインコレクターを使った胸椎伸展ストレッチを多めにやることにしました〜。

ただこれ、「リブフレア(常時あばらが開いている状態)」の方は先に別のトレーニングした方が良いと思いますので、その場合は要注意かと⚠️


バレエのためのピラティスを解剖学から教える、完全パーソナルの個人スタジオ 横浜 metamorphoseを主宰しています。


横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

運動の仕組みが分かればできる♪ 変われる! 1対1で座学からきちんと知ることができます。

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

完全個室パーソナル・マシンピラティスが格安!

「バレエのレッスンだけではなかなか上手にならない」等お悩みの方、機能解剖を理解したい方、バレエのために身体について学びたいみなさまを全力でサポートいたします!『極めて匿名的で無個性な、名もない身体。バレエのためのピラティスとは?』

メタモルフォーゼではピラティス専用マシン(リフォーマー、その他完備)を使い、個別カウンセリングによるお一人お一人のおからだに合わせたパーソナルセッションを提供いたします。グループピラティスでは分からなかった疑問の解決にお役立てください。

日常生活からの姿勢改善、パフォーマンスの向上、しなやかで美しいスタイルを目指します。どうぞお気軽にセッションにお越しくださいませ♪

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

 

ピラティス専門のブログ記事が好評をいただいており大変うれしく思います。
このブログでは日常を綴っていますが、こちらでピラティスの技術的なことがらに関する記事を書いています。

ピラティスにご興味のある方はぜひお読みください。

ポールスター・ピラティスは医療の専門家が解剖学に基づいてアレンジしたピラティスです。

バレエ, ピラティス

「体幹強化」という言葉について。その類のトレーニングを実際に行えている方々以外にはなかなか分かりづらい、抽象的なものになっていることが多い印象です。

「体幹って何?」という疑問に対して具体的に考えてみます。

トレーニングの主旨が明瞭にならないのは、実は英語から翻訳された日本語に少しズレがあるせいかと思います。

「体幹」とは、四肢および頚部/頭部を除いた胴体の部分です。
胴体はTorsoですが、”Torso Training”とは言いません。

英語圏では”Core Strength(Training/Workoutなど)”、Coreを訳すと「核」や「芯」ですね。

身体におけるCoreとは”Core muscle(コアマッスル)”のことで、Andry Vleeming氏により横隔膜/腹横筋/骨盤底筋群/多裂筋と定義されています。腹腔を囲う最も内側にある筋肉群、「腹部の内側の筋群」です。

お腹≠胴体の全てではなく、腹部は胴体の下半分にあたる一部分です。胴体の中にお腹が含まれ、さらにその中にコアマッスルがあります。

コアトレーニングの訳語として「核・芯または横隔膜/腹横筋/骨盤底筋群/多裂筋トレーニング」ではしっくり来ず、「体幹トレーニング」になったのではないでしょうか。Coreを一語で表せないため、原語よりもかなり大きな部位を指す言葉になっています。

胴体トレーニング…?? 正確性を犠牲にし別の言葉を用いることで、元の意味が隠されてしまう例です。

コアマッスルを一言で表す日本語はありませんが、コアマッスルの役割は「協働して内腹圧を保つ、高める」です。

Core Strength(コア強化)は「腹圧を高める筋肉群の持久力UPを目的とするトレーニング」、これを略して「腹圧トレーニング」と言えば、「体幹トレーニング」より分かりやすい気がします。

身体の部位よりも「何をするか」を表す言葉の方が、よりトレーニングの主旨が伝わりやすく、「体幹」より「腹圧」の方がコアという言葉に直接リンクします。

ピラティスや長友選手のプランク類などが有名ですが、実はどんな状態でも「腹圧を高める筋肉群の持久力UPを目的とするトレーニング」になり得ます。立つだけ歩くだけ寝そべっていても、腹圧を高めるよう努めればそれは腹圧トレーニング、コアトレです。

逆に「プランクの形をしているだけ」「ルティレの形をしているだけ」で腹圧が抜けていればコアは強化されません。
もうあまり使いたくない言葉ですが、形だけでは「体幹トレーニング」にならないのです。

「体幹を強くしたいので体幹トレーニング教えてください」という質問に対しエクササイズを伝えるだけでは足りず、やはりその言葉が指している真の意味も知っていただかないと実践してもらうのは難しいです。

表面上の名前なんてどうでもいい、エクササイズがあればいいという方も多いかもしれませんが、人間は言語を使って思考する以上、脳内の言葉が正確でないと結果もついてきません。

ここでは「腹圧はどうやって高めるのか」「コアが強いとどうなるのか」には触れていませんが、まず「体幹トレーニング」という言葉の意味について一考しました。

長文を読んでくださった方、ありがとうございます。
読後にコアが強くなるわけではないのですが、急がば回れで、使っていただいたお時間がトレーニング時の意識の変化につながりますように…🍀


バレエのためのピラティスを解剖学から教える、完全パーソナルの個人スタジオ 横浜 metamorphoseを主宰しています。


横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

運動の仕組みが分かればできる♪ 変われる! 1対1で座学からきちんと知ることができます。

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

完全個室パーソナル・マシンピラティスが格安!

「バレエのレッスンだけではなかなか上手にならない」等お悩みの方、機能解剖を理解したい方、バレエのために身体について学びたいみなさまを全力でサポートいたします!『極めて匿名的で無個性な、名もない身体。バレエのためのピラティスとは?』

メタモルフォーゼではピラティス専用マシン(リフォーマー、その他完備)を使い、個別カウンセリングによるお一人お一人のおからだに合わせたパーソナルセッションを提供いたします。グループピラティスでは分からなかった疑問の解決にお役立てください。

日常生活からの姿勢改善、パフォーマンスの向上、しなやかで美しいスタイルを目指します。どうぞお気軽にセッションにお越しくださいませ♪

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

 

ピラティス専門のブログ記事が好評をいただいており大変うれしく思います。
このブログでは日常を綴っていますが、こちらでピラティスの技術的なことがらに関する記事を書いています。

ピラティスにご興味のある方はぜひお読みください。

ポールスター・ピラティスは医療の専門家が解剖学に基づいてアレンジしたピラティスです。

ピラティス

クリスマスのお菓子をいただきました!ありがとうございます♡


バレエのためのピラティスを解剖学から教える、完全パーソナルの個人スタジオ 横浜 metamorphoseを主宰しています。


横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

運動の仕組みが分かればできる♪ 変われる! 1対1で座学からきちんと知ることができます。

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

完全個室パーソナル・マシンピラティスが格安!

「バレエのレッスンだけではなかなか上手にならない」等お悩みの方、機能解剖を理解したい方、バレエのために身体について学びたいみなさまを全力でサポートいたします!『極めて匿名的で無個性な、名もない身体。バレエのためのピラティスとは?』

メタモルフォーゼではピラティス専用マシン(リフォーマー、その他完備)を使い、個別カウンセリングによるお一人お一人のおからだに合わせたパーソナルセッションを提供いたします。グループピラティスでは分からなかった疑問の解決にお役立てください。

日常生活からの姿勢改善、パフォーマンスの向上、しなやかで美しいスタイルを目指します。どうぞお気軽にセッションにお越しくださいませ♪

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

 

ピラティス専門のブログ記事が好評をいただいており大変うれしく思います。
このブログでは日常を綴っていますが、こちらでピラティスの技術的なことがらに関する記事を書いています。

ピラティスにご興味のある方はぜひお読みください。

ポールスター・ピラティスは医療の専門家が解剖学に基づいてアレンジしたピラティスです。

おでかけ

DA PUMP見てきました!


バレエのためのピラティスを解剖学から教える、完全パーソナルの個人スタジオ 横浜 metamorphoseを主宰しています。


横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

運動の仕組みが分かればできる♪ 変われる! 1対1で座学からきちんと知ることができます。

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

完全個室パーソナル・マシンピラティスが格安!

「バレエのレッスンだけではなかなか上手にならない」等お悩みの方、機能解剖を理解したい方、バレエのために身体について学びたいみなさまを全力でサポートいたします!『極めて匿名的で無個性な、名もない身体。バレエのためのピラティスとは?』

メタモルフォーゼではピラティス専用マシン(リフォーマー、その他完備)を使い、個別カウンセリングによるお一人お一人のおからだに合わせたパーソナルセッションを提供いたします。グループピラティスでは分からなかった疑問の解決にお役立てください。

日常生活からの姿勢改善、パフォーマンスの向上、しなやかで美しいスタイルを目指します。どうぞお気軽にセッションにお越しくださいませ♪

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

 

ピラティス専門のブログ記事が好評をいただいており大変うれしく思います。
このブログでは日常を綴っていますが、こちらでピラティスの技術的なことがらに関する記事を書いています。

ピラティスにご興味のある方はぜひお読みください。

ポールスター・ピラティスは医療の専門家が解剖学に基づいてアレンジしたピラティスです。

バレエ, ピラティス

ここ最近、クライアント様の意識の大きな変化を感じております。
毎回長文のブログ記事をお読みいただけること、その内容を実践していただこうとしていること、ありがたく存じます。

しかし、まだまだです!

セッションを継続していただけるということは、みなさまそれぞれに進化や効果を感じられていらっしゃるからと思いますが、「以前と比べて少し良くなった」などの「当社比」程度ではなく、理想は「本当に変わりたい」のです。

見た目がです!

Designed by senivpetro / Freepik

↑”Long Spine Massage(ロング・スパイン・マッサージ)”ですね!
とても良いエクササイズです。
何をやっているか分かりますでしょうか?その詳細を明らかにします。

しっかりと美しく筋肉がつくと見た目が別人になります。

そこで初めて、運動不足解消や運動機能向上という当初の目的にタッチします。
簡単なことではありません。

「メルモでのセッションの進め方について」

↑こちらは2013年はじめに書いた記事なのですが、それから6年近く経過して、残念ながらこのレベルに辿り着けているお客様はいらっしゃらず。。。

何年経ってもなかなか巧くならないという現状を鑑み、メルモで提供しているセッションのままでは変化が遅すぎると考えました。

元々運動が得意ではない、運動習慣がなかった方も多く、「自分で考え自分で成長する」というのが難しいのは当たり前ですね。
手を引いて導いてほしいからプライベートを探したのだと存じます。

1対1で丁寧に指導をしても行ったエクササイズを毎回メールで送っても、指導された内容を忘れるのはまだ脳への影響が弱いのです。何かこちらが対策を講じる必要があります。

いずれは自分が60分間連続して運動できるようになっていただきたいのですが、このままではその可能性が遠いです。
もっと理解と記憶のスピードを上げなければいけません。

そこで、スタジオにお越しくださった際に音読するためのエクササイズ解説シートを作ることにしました。

「音読」です!

外国語習得など、自分の脳の外側にあるものを取り込むための基本です。
発語することと、それを耳で聞くことで、何重にも脳にインパクトを与えてインストールしていく方法です。

音読が学習を加速させるために効果的な方法である理由は、私達の思考や行動は言語で構成されているからです。
言葉に注意深くなり、脳を鍛えましょう!

例として、解説シートから一部抜粋したものを転載します。スタジオの環境はメルモを想定して記述されています。

Mat: Spine Stretch(マットでのスパイン・ストレッチ : 背骨のストレッチ)
1. 足趾が支柱にギリギリ触れる位置に座る。柱は地面の代わりで、動作中 必要に応じてそれを足趾で押すことで身体を引き上げる。Releve(ルルヴェ : 踵を持ち上げる)と同じ。その感覚を、立位で地面をぐっと踏むことに活かすため記憶する。下肢はだらりとただそこに置いておくだけではなく、しっかりと伸ばして支柱を触ることで筋力を働かせ、上半身の大きな動きに耐えるための土台にする。支柱が地面の代わり。足趾に触れている支柱も小さい面積ではあるが支持面として利用する。使えるものは全て動きのために使う。
よくある誤動作/エラー
・動作中に足趾が柱から外れる。足趾が柱から外れたまま動作をしている時は下肢が動作への参加をさぼっており、上半身のみで大きな動きをしていると身体全体のコントロールが難しくなる。働いていない箇所に脳で命令を出し動作に参加させる。足が内転/外転どちらに外れるかは関節変形の方向による。変形の傾向を知り、修正した時の感覚を記憶することで日常生活から悪化を防ぐことに努める。

2. マットに座るが、エクイップメント(道具)と身体の間に1mm隙間を保つ意識を持つ。お尻がべったりと床にくっついているのではなく間に隙間があるイメージ。お尻の肉が面状に広がるのではなく、座骨の点がちょこんと触れる程度。マットに体重を乗せないために立位でReleve(ルルヴェ : 踵を上げる)している時の引き上がった上半身を再現し、腹筋、背筋、骨盤底筋群など総動員させる。背中の後ろに壁があり、その壁に仙骨、胸椎、後頭骨が触れているイメージ。

3. 鎖骨を大きく左右に開いた状態で前鋸筋(脇の後ろ)を締め、中指が正確にバスト・トップの前に来るようにセットする。肩より肘が下、肘より指先が下になる斜めの角度を描く。指先から水滴が落ちていくようなイメージ。
前腕(肘から先)は使わないよう脱力したいため、手のひらは下向きでお化けの手にする。手のひらは床に向け、向かい合わせにしない。向かい合わせまでいくと力み過ぎで、脱力を優先したい。動作中すぐに指に力が入りがちだが、気づく度に「重い手」にし何度も脱力して感覚を記憶する。前腕/指先に力が入ってしまうと脳がそこに注力してしまうためそもそも使いづらい体幹に意識がいきにくく、代償が発生しやすい。
(省略)

5. 各部位のベクトルを意識。脊柱は上方に向かって伸ばし、腰椎前湾のカーブ(腰の反り)を意識して作る。上肢と下肢は根元部分から前方に向かって伸ばす。お腹の前にバレーボールが一つある設定とする。

このように、各エクササイズ一つ一つの所作を脳に写植していきます。

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」というように、「敵を知る」ことは重要です。正しい動作の敵は、代償動作(誤動作/エラー)です。解説シートに発生しうる代償動作の情報をできる限り記載しました。代償についても熟知することで、徐々にそれを避けられるようになりたいのです。

「己を知る」とは自分の筋力や関節の状態について詳しくなっていくことです。直に目で観察したり、内観して固有感覚を高めたり、身体に親しんでいきましょう。

また、エクササイズは一連の流れでいくつかのパートに分かれていますので、そのパートごとに下記を選択するためのシートも用意し、ご自分の現在のレベルを認識できるようにしました。記憶への自覚を促すための確認です。

そして、デモンストレーションに「レベル」を設けます。

エクササイズは、Transition(トランジション)と言って一つ一つの動作が遷移しながら繋がっています。動きに習熟しこのTransitionの繫ぎ目を見えなくしていくことが理想なので、動作はさらさらと美しく流れていきます。動きの巧い人を見ると「どうやっているのか分からない」と思うことがありますが、詳細に分解していけば細かい動作の集積になっています。

しかし、流れるような動作のデモンストレーションでは一見すると「どうやっているのか分からない」ということも多いです。動きの繋がりが滑らかであればあるほど「観察している人に拾ってもらいたい情報を拾ってもらえない」というジレンマが生まれます。

また、インストラクターと受講者の関節可動域は異なるため、可動域が小さい場合、デモンストレーションをそのままコピーしようとすると代償動作に変換されやすいのです。

そのためデモンストレーションを段階別にします。

レベル3. 流れるような繋がった動作、適切なスピードで行われるデモ
目指していただきたい動きなので、ぜひ何度も見て見本にしてください。

レベル2. 動作の流れは繋がっているが、スピードはゆっくりと行われるデモ
ゆっくり見せることで拾える情報量が増加します。

レベル1. Transition(トランジション: 動作の繫ぎ目)をはっきり見せ、一つ一つの動作で止まる。かつ関節可動域を受講者に合わせて加減したデモ
受講者の動きに近くなるのでかなりイメージしやすく、やるべきことが分かるようになるためのデモです。この段階は徐々に卒業していきましょう。

どのレベルのデモンストレーションが見たいか、1〜3から選んでください。慣れたエクササイズでも時々1. を選ぶことで発見することもあるかと思います。

2.と1.は意図的にスピードを遅くしており、本来の速さではありません。スローモーション動作は筋肉への負荷が上がりますので、筋力がない場合は耐えられず代償が誘発されやすいです。初めはゆっくりでないと正確な動作ができないかもしれませんが、3.のデモも見てスピード感は3.を参考にしましょう。

人間は全く同じ個体は存在せず、身体には様々な違いがあります。難しいことですが、自分の身体が行っているわけではないデモンストレーションを見て同じようにやろうとするより、自分の身体の動きに都度変換して考えられるようになっていくと動作の正確な目的を捉えられるようになります。

初めは全てを上手にできなくて当たり前です。しかし「何が正解で、何が間違いなのか」を理解した上で練習していくのと、「行き当たりばったりで言われたことをただやる」のでは結果に大きな差が出ます。解説シートを読むことで、まずは「何をやるべきか分かる」ところまで行けます!

脳が変われば動きが変わる、動きが変われば身体が変わります。この「音読ピラティス」で最大限の効果を出していきましょう。


バレエのためのピラティスを解剖学から教える、完全パーソナルの個人スタジオ 横浜 metamorphoseを主宰しています。


横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

運動の仕組みが分かればできる♪ 変われる! 1対1で座学からきちんと知ることができます。

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

完全個室パーソナル・マシンピラティスが格安!

「バレエのレッスンだけではなかなか上手にならない」等お悩みの方、機能解剖を理解したい方、バレエのために身体について学びたいみなさまを全力でサポートいたします!『極めて匿名的で無個性な、名もない身体。バレエのためのピラティスとは?』

メタモルフォーゼではピラティス専用マシン(リフォーマー、その他完備)を使い、個別カウンセリングによるお一人お一人のおからだに合わせたパーソナルセッションを提供いたします。グループピラティスでは分からなかった疑問の解決にお役立てください。

日常生活からの姿勢改善、パフォーマンスの向上、しなやかで美しいスタイルを目指します。どうぞお気軽にセッションにお越しくださいませ♪

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

 

ピラティス専門のブログ記事が好評をいただいており大変うれしく思います。
このブログでは日常を綴っていますが、こちらでピラティスの技術的なことがらに関する記事を書いています。

ピラティスにご興味のある方はぜひお読みください。

ポールスター・ピラティスは医療の専門家が解剖学に基づいてアレンジしたピラティスです。

おうち, でんこ

でんこさんの月命日のお花です。

1月

 

2月

 

3月

 

4月

 

5月

 

6月

 

7月

 

8月

 

9月

 

10月

 

11月

 

12月


バレエのためのピラティスを解剖学から教える、完全パーソナルの個人スタジオ 横浜 metamorphoseを主宰しています。


横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

運動の仕組みが分かればできる♪ 変われる! 1対1で座学からきちんと知ることができます。

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

完全個室パーソナル・マシンピラティスが格安!

「バレエのレッスンだけではなかなか上手にならない」等お悩みの方、機能解剖を理解したい方、バレエのために身体について学びたいみなさまを全力でサポートいたします!『極めて匿名的で無個性な、名もない身体。バレエのためのピラティスとは?』

メタモルフォーゼではピラティス専用マシン(リフォーマー、その他完備)を使い、個別カウンセリングによるお一人お一人のおからだに合わせたパーソナルセッションを提供いたします。グループピラティスでは分からなかった疑問の解決にお役立てください。

日常生活からの姿勢改善、パフォーマンスの向上、しなやかで美しいスタイルを目指します。どうぞお気軽にセッションにお越しくださいませ♪

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

 

ピラティス専門のブログ記事が好評をいただいており大変うれしく思います。
このブログでは日常を綴っていますが、こちらでピラティスの技術的なことがらに関する記事を書いています。

ピラティスにご興味のある方はぜひお読みください。

ポールスター・ピラティスは医療の専門家が解剖学に基づいてアレンジしたピラティスです。

バレエ, ピラティス

正しい姿勢のために「筋肉を無視しよう!」のつづきです。

前回記事では、脳をコントロールする方法の一つとして「姿勢が良く、平常心/無表情でいる人の演技を続けてください」と書きました。

「演技」というのは単なるアイデアです。
要は自分の精神を制することができれば何でも良いのです。

メンタルを律することはもちろん簡単ではなく、
逆に人間にとって素でいられる、感じたことをありのままに表現しても許される環境はとても楽です。

心の有様を抑制することなく、そこに甘んじていると身体がどういうことになっていくかを想像してみましょう。

人が誰かに、身体の不調について話している様子を頭に思い浮かべてください。
ご自分のことでも良いです。

初めてのピラティス・セッションでご自分の状態について話した時のこと、病院にかかって医師と話した時の様子などを思い出してみましょう。

私は、身体の愁訴について良い姿勢で話す人を見たことがありません。

厳しい姿勢で臨むことはなく、その他の話題よりもことさら酷い姿勢で話をします。

身体の悪いところについて他人に話す時、話している人はそれを目の前の人に容認してもらいたいのです。
許してもらいたいのです。

ありのままを誰かに認めてもらうことは、とても心地が良いものです。
脳にとっては快感です。
脳はマンネリと惰性を求めているので、そのままの自分を許容されることを望みます。
その望みが叶えられると癖になります。

お年寄りが整形外科に並び、お互いの身体の悪くなったところについて延々と談笑しているのはよくある風景です。
「悪いところ自慢」ですね。
「悪いところを認めてあげる」という脳への快楽を、お互いに与え合っているのです。
病院に通うのが趣味のようになっている人も、医師に怒られることがなく何度でも愁訴を聞いてもらえるからでしょう。

身体の悪い箇所について説明する時の姿勢がみな一様に悪いのは、まずご自分でその悪い箇所を許してあげているためです。
脳が無意識に、自分に対して「悪いところ自慢」をしているのです。それは心地良いです。
それをさらに人に話せば、一度ならず二度までも脳に快感を与えることができます。
自分でも許しているし、さらには人にも許してもらいたい。

つまりは優しくされたいのですね。

お互いに優しさを求め合う「悪いところ自慢」は、本当に良いことなのでしょうか。

「良いところ」は自慢になります。でも、「悪いところ」は自慢になるでしょうか。

単純な話で「悪いところ」は「悪い」です。
本当は修正されるべきです。

自分の過去の行動/生活習慣によって引き起こされた不調、それを声高に宣言するのは実は恥ずかしいことです。

しかし恥じもせずそれを率直に相手に伝え共感し合うことで、自分の行いを否定されないよう回避したいのです。

逆に言えば、自分の行いを否定されるのはそれほど怖いことなのです。

怖いから、人は無意識に自分が甘えられる同類や場所を求めます。

↑このような人前に出しても恥ずかしくない姿勢でいらっしゃる方に対しては、体調不良を開陳しづらいでしょう。

その躊躇を感じるならば、つまり「生活習慣を改善できなくて身体に不調が出るのは『恥ずかしい』こと」と心の底では認識しているのですね。

人は共感を求めるので、一見して厳しいトレーニングをしていると分かる人には甘えられません。

自分の行動を改めるのは面倒なので類友では、何の発展もない「悪いところ自慢」、甘えのループに陥ります。

本当の優しさは大切ですが、「悪いところを認めてあげる」のは偽物の優しさ(社会性)でもあります。

医師も、理学療法士も、ピラティス・インストラクターも「うんうん」と優しく聞いてくれ、自分を受け入れてくれるように見えますが、それは本気でしょうか。

結構、偽物だったりしますよ。
慣れているどころか飽きているレベルで「あ~やっちゃってんな~」「ここまで放っておく方が悪いね」「これじゃ治らないだろう」と全く優しくないことを心の中で思っていることもたくさんあります。

だからといって本音や事実を言うことが必要というわけではありません。
偽物の優しさが欲しい人もいるのです。
延々と「悪いところ自慢」をするのは楽しいものなので、コミュニケーションとしては悪くないと思います。
治るか治らないかは、その人の自由なのです。

そうはいっても医師、理学療法士、ピラティス・インストラクターは仕事ですので、様々な処方、施術、指導を行います。
「これじゃ治らないだろう」の判断は1回でなされるものではありません。
何度通っても変化していかない患者/クライアントの「ありのままでいたい、惰性を許し続けてもらいたい」という心情は態度/見た目/話し方で分かります。

無意識に治りたくない、怠惰の楽に身を任せる、その選択の自由は尊重します。
優しくしてほしいというお望みであれば優しくしましょう。
「甘えるんじゃない」「ここまで放っておく方が悪い」とは言いません。

「整形外科や運動施設に通っても治らない」よく聞くセリフですね。
自分で望んでそこにいるのですから、他人に文句をつける筋合いはないです。
通うだけで変化が起こるほど生活習慣改善は楽なものではありません。
「整形外科や運動施設に通っても治らない」は、「悪いところ自慢」の延長上にある楽しみの一環として言うようにしましょう。

お客様の身体機能が回復/向上するかどうか。
そこについて、私は運動指導者や医師、理学療法士の責任はないと考えています。
私はエクササイズの指導をする立場でしかありませんので、それ以上の介入は難しいです。
我々もまた無力です。できないことはできません。

もっと平たく説明すると、いただいている料金に「姿勢が良くなる代/痩せる代」などは含まれていないのです。
内訳は施設使用料と指導料/人件費のみです。
もし「姿勢が良くなる代/痩せる代」などをいただくするとしたら、とんでもない高額になるでしょう。

「痩せなければ返金」制度のある高額なジムなどは、「痩せる代」を含んだ料金設定です。
厳しく指導してもらえるので、合う人は良いと思います。
返金制度は実際に申請する人が少ないのを見越して設けられています。

「整形外科や運動施設に通っても治らない」は、「治る代」を支払っているという勘違いから発生する愚痴です。
まさか。施設を利用し、処方や指導を受けるだけで料金は発生します。
あとはその指導を実践し、「姿勢を良くする」かどうか、「痩せる」かどうかはご自身の自由に委ねられます。

実践するかしないかは本人に任せられるものなので、返金制度もなく「本当に痩せます」など謳っている場合は逆に疑わしいですね。
誰も他人の脳や身体をコントロールできないので、「本当に痩せます」などとは言えないはずです。
超越的な権限をもってして行動の自由を奪わないと、それは実行できません。
他人の脳や身体を支配するのは洗脳です。私はその方法を知りません。

私は運動指導者であり、職業的使命は「人の身体を鍛えること」です。
「身体は自己責任、身体に対して自覚と責任を持つ」ことを教育していく立場にあります。
姿勢の悪さはだらしなさであり不調に直結するので、それを修正していくのが仕事です。

ご自分の身体をなんとかしたいと考えている方は多いですが、その方法としてピラティスを選ぶなら甘えは許容したくありません。

療法士や治療家(ヒーラー)の方とは似て非なるもので「人を癒すこと」には自覚的でなく、「『私が』人の身体を変えてあげたい」という信念は持ち合わせておりません。
「ご自分で変化していただくしかない」というスタンスです。
他人に不調を治してもらいたい人にはそもそもできないトレーニングなのです。

食べたから太った、全然食べなかったら痩せすぎた、運動不足で体力がなくなった。
全て己の行為計画が為されていないからです。
身体をコントロールしようとせず、ただ状況に流されていてはそうなります。
恥ずかしいことです。
仕方のない場合が多いとは思いますが、本来は堂々と人様に言えることではないですね。
自分の行為から発生した失態を他人に丸投げするのも無理筋です。
恥をしのんで鍛えてください。
周囲に流されるだけではなく自分で意志を持って立たなければ、これからも流れに足を掬われ続けます。

予約があるからただ行くだけ、とにかく毎日疲れている、何も覚えられない、脳を甘やかしておきたい、優しくしてほしい傾向にある方はマッサージや治療家を尋ねた方がベターでしょう。

ピラティスはIntelligent Training(知的訓練)と呼ばれます。
インテリジェンス、知性がなければできません。
考える力がなくても、最低限デモンストレーションを覚えるための記憶力は必要です。
それすら無ければ残念ですが分不相応です。
毎回のセッション料金を捨てているようなものです。
今までにいくら支払って、何が脳に残っていますか?
一人でエクササイズできるようにちゃんと覚えられましたか?

知性(最低ラインは記憶力)を発揮するためには、セッション前に体調を整えることも大切です。
セッションで整えるのではなく、自分で整えてからセッションに臨むのです。

その高度なピラティスを選択すれば、脳をフル稼動させることになります。
これまでに経験したことがない様々なことをどんどん要求されます。
それでもメンタルを律して顔を作り、無表情で淡々と言われたことを全て覚え、実践することで精神と身体を鍛えるのです。

“Body, Mind and Spirit”(体、心と精神)のためにピラティスは開発されました。
心技体すべての修行です。

セッション時間だけがトレーニングではありません。毎日が修行の日々となります。
トレーニングに備えての準備を習慣化する、セッション前に体調を整え頭をクリアにする、座学を復習してから臨む、その繰り返しを日々に導入することによって生活を変えていきたい!と計画される方は改善する希望があります。

厳しいことを言う理由は単なる趣味の習い事やお稽古事ではなく、生きるための身体という人生の根本に関わっていることだからです。
ピラティスに限らず、実は身体を動かすことは須く知性が必要とされます。
それが伴わなければ壊れてしまいます。

行き当たりばったりではなく常に先のことを予測し、行動のための策を立てられるのであれば効果を得られると存じます。
ぜひセッションにお越しください。

私個人は必要以上に他人に甘えても未来に良いことは起こらないと考えており このような方針でセッションを提供していますが、別の場所では「自分が変えてあげたい」と熱心に取り組んでいるインストラクターもいると思います。

合わなければ無理をすることはありません。
色々なタイプのメソッドや指導者がいるのでご自分に合うものが見つかることが身体機能向上の「助け」になるでしょう。


ポールスター・ピラティス公認メンターの奈津です。

バレエのためのピラティスを解剖学から教える、完全パーソナルの個人スタジオ 横浜 metamorphoseを主宰しています。

 

運動の仕組みが分かればできる♪ 変われる! 1対1で座学からきちんと知ることができます。

横浜市営地下鉄 高田駅 から徒歩5分(東横線日吉駅からグリーンライン乗車4分)

完全個室パーソナル・マシンピラティスが格安!

 「バレエのレッスンだけではなかなか上手にならない」等お悩みの方、機能解剖を理解したい方、バレエのために身体について学びたいみなさまを全力でサポートいたします! 『極めて匿名的で無個性な、名もない身体。バレエのためのピラティスとは?』

メタモルフォーゼではピラティス専用マシン(リフォーマー、その他完備)を使い、個別カウンセリングによるお一人お一人のおからだに合わせたパーソナルセッションを提供いたします。グループピラティスでは分からなかった疑問の解決にお役立てください。

日常生活からの姿勢改善、パフォーマンスの向上、しなやかで美しいスタイルを目指します。どうぞお気軽にセッションにお越しくださいませ♪

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

 

ピラティス専門のブログ記事が好評をいただいており大変うれしく思います。
このブログでは日常を綴っていますが、↑こちらでピラティスの技術的なことがらに関する記事を書いています。

ピラティスにご興味のある方はぜひお読みください。

ポールスター・ピラティスは医療の専門家が解剖学に基づいてアレンジしたピラティスです。

おでかけ

お誕生日でした!ありがとうございました♡


ポールスター・ピラティス公認メンターの奈津です。

バレエのためのピラティスを解剖学から教える、完全パーソナルの個人スタジオ 横浜 metamorphoseを主宰しています。

 

運動の仕組みが分かればできる♪ 変われる! 1対1で座学からきちんと知ることができます。

横浜市営地下鉄 高田駅 から徒歩5分(東横線日吉駅からグリーンライン乗車4分)

完全個室パーソナル・マシンピラティスが格安!

 「バレエのレッスンだけではなかなか上手にならない」等お悩みの方、機能解剖を理解したい方、バレエのために身体について学びたいみなさまを全力でサポートいたします! 『極めて匿名的で無個性な、名もない身体。バレエのためのピラティスとは?』

メタモルフォーゼではピラティス専用マシン(リフォーマー、その他完備)を使い、個別カウンセリングによるお一人お一人のおからだに合わせたパーソナルセッションを提供いたします。グループピラティスでは分からなかった疑問の解決にお役立てください。

日常生活からの姿勢改善、パフォーマンスの向上、しなやかで美しいスタイルを目指します。どうぞお気軽にセッションにお越しくださいませ♪

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

 

ピラティス専門のブログ記事が好評をいただいており大変うれしく思います。
このブログでは日常を綴っていますが、↑こちらでピラティスの技術的なことがらに関する記事を書いています。

ピラティスにご興味のある方はぜひお読みください。

ポールスター・ピラティスは医療の専門家が解剖学に基づいてアレンジしたピラティスです。

PAGE TOP