「引き上げ」〜全ての立って歩く人に必要なこと〜

バレエのレッスンで「お腹を引き上げて」とよく聞きますよね。

ピラティスも同じです。

そしてなんと引き上げは、バレエやピラティスをしない人もみんな、本当はやっていただきたいことなのです。

「バレエでよく聞くから、バレエ的なこと」と考えていた方。

そうではなく、引き上げは特にバレエとは関係なく捉えておいてほしいのです。

「えっ…」と思った方。

バレエのレッスン中だけがんばっていることが判明してしまいましたね!

 

そして先生に「引き上げて」と言わせているということは、あなたは引き上げをしていないのです。

「…だって、『引き上げて』って言われても分かんないもん」と思った方。

あなたは「引き上げが分かっていない」ことが判明してしまいましたね!

 

何度も聞いていることって、知っていることのような気がしませんか?

知っていることは、分かっていることのような気がしませんか?

分かっていることは、できている / やっているような気がしませんか?

 

そうではなく、何度も言われて ただその単語に耳が慣れているだけです。
身体は動きません。

なぜなら、意味を理解していないから。学生時代の聞いているだけの授業のようなものです。

 

(意味が分かったからと言ってできるわけではないのですが…最低でも意味が分からなければ無理です)

 

バレエやピラティスとは関係なく引き上げが必要、つまり日常生活でも引き上げておいてほしいのです。

バレエのレッスンに出ると、汗をかきますよね。がんばっていますよね。

それくらい日常生活でもがんばっていますか?

普段からがんばって初めて人間は二足で正しく立ち、歩くことができます。

普段から引き上げに慣れておいて初めて、さらに難しい動きをするバレエのレッスンで引き上げることができます。

 

引き上げが誰にでも必要と言っても、生活のあらゆる瞬間でバレエを踊っている時ほど全力で引き上げる必要はありません。

 

日常生活 < ピラティス < バレエ

 

このように引き上げのレベルは上がっていきます。

ですが、

 

日常生活(引き上げてない) <ピラティス(無理) <バレエ(無理)

 

となります。

 

ピラティスやバレエの時だけ引き上げるなんて無理なのです!

身体に染み付いたことは全て、レッスン中に出ますから。

 

さて、引き上げを練習しなくてはいけませんね…。

Designed by Yanalya / Freepik

常にこれくらい綺麗に身体を整えて生活していたら合格でしょう。肩が広がり、背中が引き上がり、首は長く伸びています。お腹も抜けていないでしょう。このまますぐ踊れそうです。柔らかい視線でパソコンを見下ろしている姿が、ダンサーの瞬間を切り取ったようですね。

普段のご自分と比べてみてください!

つづく。 「引き上げへのアティチュード」


ポールスター・ピラティス公認メンターの奈津です。

バレエのためのピラティスを解剖学から教える、完全パーソナルの個人スタジオ 横浜 metamorphoseを主宰しています。

 

運動の仕組みが分かればできる♪ 変われる! 1対1で座学からきちんと知ることができます。

横浜市営地下鉄 高田駅 から徒歩5分(東横線日吉駅からグリーンライン乗車4分)

完全個室パーソナル・マシンピラティスが格安! 60分3,663円〜

 「バレエのレッスンだけではなかなか上手にならない」等お悩みの方、プロダンサーで機能解剖を理解したい方、バレエのために身体について学びたいみなさまを全力でサポートいたします! 『極めて匿名的で無個性な、名もない身体。バレエのためのピラティスとは?』

メタモルフォーゼではピラティス専用マシン(リフォーマー、その他完備)を使い、個別カウンセリングによるお一人お一人のおからだに合わせたパーソナルセッションを提供いたします。グループピラティスでは分からなかった疑問の解決にお役立てください。

日常生活からの姿勢改善、パフォーマンスの向上、しなやかで美しいスタイルを目指します。どうぞお気軽にセッションにお越しくださいませ♪

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

 

ピラティス専門のブログ記事が好評をいただいており大変うれしく思います。
このブログでは日常を綴っていますが、↑こちらでピラティスの技術的なことがらに関する記事を書いています。

ピラティスにご興味のある方はぜひお読みください。

ポールスター・ピラティスは医療の専門家が解剖学に基づいてアレンジしたピラティスです。


PAGE TOP