「内部表現書き換え」1. パソコンに例えて考えてみる

まず「内部表現」とは?

「自分の脳と心に映るすべての世界」「自分が認識している世界」とあります。
(『夢が勝手にかなう「気功」洗脳術: 脳科学から見た「気功」の正体』苫米地英人著より)

「内部表現」とは心と身体のすべてでしょう。

仮に、ご自分をご自分の年齢分 使用したパソコンだとします。
10年20年も使ったら、パソコンの中にはたくさんデータがありますよね。

パソコンそのものと中のデータも全て含めて、それが内部表現です。
個人使用のものであれば、他に全く同じ状態のパソコンの存在はありえません。

それぞれのパソコン(内部表現)には、人によって入っているアプリもあれば、ないアプリもあり、常に管理していてスムースに動く個体もあれば、データが壊れて引き出せないようなものもあり…

状況は様々です。

そして、良いアプリがあればインストールしたいですし、古くて使えないものであればアンインストールし、他の機能を搭載したいものです。

バグは修正したいですし、OSそのものを更新できるならアップデートしたいですよね。

「内部表現の書き換え」とは、そのような作業です。
データの書き換え、内部表現が書き換えられると、「自分が認識している世界」が変化していくのです。

そしてそれには当然、悪い変化もあれば、良い変化もあります。
人生を生きるとはそういうことですものね。

「内部表現・データ・情報」がいかようにも書き換えられてしまうものなのであれば、私達は賢くなる必要があります。

良い師を見つけ、良い環境で、できるだけ良い書き換えを続けていかなければなりません。

悪い書き換えが行われすぎると、パソコンは壊れてしまいます。


バレエのためのピラティスを解剖学から教える、完全パーソナルの個人スタジオ 横浜 metamorphoseを主宰しています。


横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

運動の仕組みが分かればできる♪ 変われる! 1対1で座学からきちんと知ることができます。

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

完全個室パーソナル・マシンピラティス

「バレエのレッスンだけではなかなか上手にならない」等お悩みの方、機能解剖を理解したい方、バレエのために身体について学びたいみなさまを全力でサポートいたします!『極めて匿名的で無個性な、名もない身体。バレエのためのピラティスとは?』

メタモルフォーゼではピラティス専用マシン(リフォーマー、その他完備)を使い、個別カウンセリングによるお一人お一人のおからだに合わせたパーソナルセッションを提供いたします。グループピラティスでは分からなかった疑問の解決にお役立てください。

日常生活からの姿勢改善、パフォーマンスの向上、しなやかで美しいスタイルを目指します。どうぞお気軽にセッションにお越しくださいませ♪

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

 

ピラティス専門のブログ記事が好評をいただいており大変うれしく思います。
このブログでは日常を綴っていますが、こちらでピラティスの技術的なことがらに関する記事を書いています。

ピラティスにご興味のある方はぜひお読みください。

ポールスター・ピラティスは医療の専門家が解剖学に基づいてアレンジしたピラティスです。


PAGE TOP