側弯「本当は自分の身体が動くということ、そして身体はとても動きたがっているということに気づき」

生まれながらに良い姿勢は与えられない。勝ち取るもの!』で、人体はそもそも左右非対称の造りなので整体などで「歪んでいる」と言われても冷静になりましょう、という話をしました。

脊柱は生理的弯曲(S字カーブ)のある形状ですが、望ましくない側方への弯曲である「側弯(そくわん)」もまた、誰しも多少あります。

人間は工業規格製品ではないので骨格も1つとして同じものはなく、100人いれば100人の顔がみな違うことで分かりますよね。

完璧な骨格を持つ人はいません。

(工業規格製品だって、精密度によりますが歪みがあり個性があるでしょう。)

レントゲンを撮ってみたら、私も側弯がありました。

要注意ですね。

まずは現状の自分の身体について知っていること:知見を増やし、それを頭の片隅に置いておくことで、機能性側弯(一時的な側弯状態)であれば過度の進行を予防できる可能性が高まります。

側弯症は手術が必要と判断されるような角度(40°〜50°以上)になっても、痛みなどの症状を出すことはまれ」で、前屈検査や目視確認は大切です。

レントゲン写真を撮る機会があれば、ご自分の目でもよく確認してみてください目

↑前屈検査は第三者に「肩甲骨の高さが揃っているかどうか」評価してもらう必要があります。

多くの側弯は痛みもなく、ずっと付き合っていくものでもあります。

クライアントAさん(手術なし)

座位時、片側にタオルを敷くなどして調整する

下記は別のクライアントBさんからいただいたフィードバックですニコニコ

「私は側弯症という背骨の病気で13歳の時に手術をして以来、20年以上、なるべく体を動かさないように過ごしてきました。

完治はしないため身体のバランスが悪く、整体は欠かさず通っていましたが他人任せであることに物足りなさを感じ、もっと責任を持って自分自身で身体をコントロールしたいと思うようになりました。

自分に合うものを探す中で出会ったのがピラティスです。


最初は身体を動かすことに対して恐怖や不安がありましたが、だんだん、本当は自分の身体が動くということ、そして身体はとても動きたがっているということに気づきました。

ちょっと気を付けて生活するだけで、身体もちゃんと応えてくれることも知りました。

ピラティス1つ1つの動作に根拠があるので、納得しながらできるのも楽しいです。


身体が少しずつ動くようになったのも嬉しいことですが、それよりも、自分の身体に向き合えるようになったことが、今の私にとって大きな成果だと感じています。」

ピラティスは治療ではないのですが、「自分の身体を細く認識し意識にあげる・自分で自分の身体を動かしてゆく」というプログラムです。

大きな側弯があるとフォームローラーの上に仰向けになることも初めは難しいですが…

敢えて乗ってみることで、感じたり分かることも多いと思います!

恐れずに動いていきましょうルンルン

日本側彎症学会のリンクはこちら。

 


すべてはからだと心からー。

どんな時も強くいられるマインドと女性らしい所作を、1対1で理論から学びましょう


横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

ピラティス メタモルフォーゼ

人生が向上する心身のメンテナンス。
思索とボディメイク・瞑想のフルコースで究極のリラックスを。

マシンピラティス・バレエの所作、メンタリングと気功整体、その後にはゆったりとした深い呼吸のひととき──運動からくつろぎまでを一括提供。
理論に基づく機能解剖学と認知科学で、からだと心の使い方を上達させます。

完全個室パーソナルであなたお一人のためだけの空間です。

横浜 ピラティス メタモルフォーゼ

“ライン友だち追加"

“ツイッター ピラティス メタモルフォーゼ”

PAGE TOP